このブログは互換表示でご覧下さるようお願いします!
<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
|TOPに戻る
ガスの中の高岳登山でした。
先日からの体調不良も回復しました。
で、気になっていた高岳に仙酔尾根 通称バカ尾根から登ってきました。
帰路は中岳方面から下りたいけど、今日は噴火のガスが流れ
刺激を感じる程なのでバカ尾根を下る。
天気が悪いのにも関わらず、登山者の多い事!
東京、富山、島根など県外からの団体さんが多かった。
せっかく、遠くから熊本の山に来られたので
綺麗なミヤマキリシマを見て欲しかったけど、ガスの世界では
無理だったかなあ。

仙酔峡への途中のハナウド。
b0025101_20263183.jpg

ミヤマキリシマがすっかり終わって、静かになった仙酔峡です。
b0025101_20283738.jpg

ガスってるので、今日は涼しくて登るのも気持ち良さそう。
b0025101_20301513.jpg

b0025101_20303778.jpg

登り始めて暫く、下りて来た女性がいましたが
靴底がはがれたから下りて来た・・・と。
大事に仕舞いこんでいた靴らしいけど、用心用心!
私も登る前には点検しなくちゃ。
b0025101_20323560.jpg

b0025101_21303983.jpg

団体さんが登って来てます、東京からのグループでした。
b0025101_2133956.jpg

ロープ場
b0025101_2140186.jpg

卵石まで来たら、尾根は直ぐです。
b0025101_21394690.jpg
b0025101_21413412.jpg

マイズルソウ
b0025101_21413130.jpg

イワカガミ
b0025101_21452938.jpg

ガスの合間から見えたミヤマキリシマです。
b0025101_22182831.jpg
b0025101_22225849.jpg
b0025101_22311159.jpg
b0025101_22325730.jpg
b0025101_22332175.jpg
b0025101_22333949.jpg

b0025101_21504852.jpg

b0025101_21215241.jpg

b0025101_215225.jpg
b0025101_21515839.jpg
b0025101_21524253.jpg
b0025101_2153457.jpg

既に2時半というのに、また団体さんが上がって来られてます。
このうち3人は下るから・・・と、サブの方が付き添って下りられた。
彼は再度登り返すとか、大変だ!
雨で石も滑りやすくなってました。
b0025101_21531974.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-30 22:33 | 登山 |TOPに戻る
花を求めて、ウロウロ。
今、体調がイマイチで、今日までが晴れなので
九重あたりに登りたかったのを我慢我慢!
主人、花でも見に行くと元気になるのでは??と
自分は早朝からGOへ。
で、カメラを持って出かける事にしました。
牧ノ戸あたりから大曲、長者原まで、停めれる道路は車で埋まってました。
みんな、梅雨前に登りたいのでしょうね。

花しのぶも咲き出して・・・。
b0025101_15104351.jpg
b0025101_15113558.jpg

b0025101_15173228.jpg

ヒメサユリ、終わりかけと蕾が多かった、残念!
b0025101_1513081.jpg
b0025101_15175420.jpg

姫カンゾウ、我が家のは既に終わってますが、ここは満開。
b0025101_15183863.jpg

カルミアです。
ネットで見た花でしたが、ここで初めて見ました。
b0025101_1521215.jpg

阿蘇、田植えが終わり良い眺めですねえ。
b0025101_1525267.jpg

今の時期、阿蘇路をウロウロするとエゴの木に遭遇します。
ついつい車を停めて見入ってしまいます。
b0025101_15264217.jpg

ハナウドも見頃。
b0025101_15285742.jpg

ツクシヤブウツギでした。阿蘇望亭様有難うございます。
道路沿いにず~っと咲いてます。
b0025101_15364945.jpg
b0025101_15364726.jpg

帰り、花咲盛に年会費を払いに立ち寄る。
丁度、S師匠さん(仰烏帽子をトンネルから案内頂いた)が来ておられたので
ご一緒頂き、ウロウロしました。
鹿の被害が大変そうです、せっかくの花芽を食べてしまうらしい。

ホウチャクソウ
b0025101_15431954.jpg

クモキリソウ
b0025101_15435638.jpg

サイハイラン、男池にも咲きだす頃でしょうね。
b0025101_15444031.jpg
b0025101_15451717.jpg

〇〇ハタザオ?
b0025101_22431548.jpg

白色のアザミ
b0025101_22433121.jpg
b0025101_22435964.jpg

ハナイカダ
b0025101_22444150.jpg

ケルリソウ・・・そっくりなのにチョウセンカメバソウと言うのがありますね。
b0025101_2246296.jpg

ベニバナ山芍薬、まだまだ固い蕾でした。
多くの人が分け入ったら、芽が出てるのも踏みつけてしまいそうです。
b0025101_2246962.jpg

ヤマボウシ、ピンクです。
b0025101_22471031.jpg

カラスビシャク、群生してました。
b0025101_22482677.jpg

サラサドウダン
b0025101_22485883.jpg

ニワゼキショウ
b0025101_2249183.jpg

蕨とウドをお土産に頂きました。
b0025101_22493875.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-27 00:12 | 登山 |TOPに戻る
お祝いなど。
先日の孫の誕生日、みんな手作り料理でした。
というか、手巻寿司、唐揚げなど簡単な物ばかり。
b0025101_22364724.jpg

b0025101_22311548.jpg

Sさんから頂いた御頭がお祝いに並びました。
b0025101_22373947.jpg

こちらはテラスに寝床がある猫3匹。
白黒ちゃんは、もう?十数歳になってますが綺麗な猫です。
手術済みなので、我が家から離れる事がありません。
暑くなったので木陰で居眠りばかり。
寝床を置くと、毛だらけになるし、餌で散らかるけど
生きてる間はずっと!面倒を見続けますよ。
b0025101_22362446.jpg

こちらは、山mlの皆さんが冠岳を整備されたのが
五ヶ瀬の会報?に掲載されたとか。
山に登る事で88ヶ所巡りができるあり難い山です。
が、結構難しい山でした。
b0025101_22492569.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-25 22:52 | 日常 |TOPに戻る
阿蘇烏帽子と仙酔峡とバカ尾根少々
三女の友人のMちゃんが山に行きたいと言うので
まずは楽な山から・・・と、Sさんも誘い行ってきました。
Mちゃん、既に数回は登ってるそうですが、今年は初登山だとか。

烏帽子は素晴らしくミヤマキリシマが綺麗でした。
まだ蕾もあるので、暫くは楽しめそう。
b0025101_0454721.jpg

b0025101_0511677.jpg

b0025101_0463416.jpg
b0025101_047530.jpg
b0025101_0473672.jpg
b0025101_048876.jpg
b0025101_048292.jpg
b0025101_049012.jpg
b0025101_0511828.jpg
b0025101_0514092.jpg
b0025101_052072.jpg

b0025101_1414981.jpg

b0025101_1462355.jpg

b0025101_0523335.jpg
b0025101_053173.jpg
b0025101_1473193.jpg

b0025101_053231.jpg
b0025101_0535641.jpg

春リンドウも多くて・・・踏みそうです。
b0025101_0541067.jpg
b0025101_0542939.jpg

イワカガミ、あちこちに咲いてました。
b0025101_0545455.jpg

こちらは仙酔峡のバカ尾根。
東京からの登山ツアーの団体さんが登ってました。
まだ頂上は咲いてないのにねえ・・・
明日明後日は九重の平治、大船らしい。あちらもまだでしょうが・・・。
b0025101_0555733.jpg

b0025101_0561698.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-24 00:59 | 登山 |TOPに戻る
婦人会旅行、孫など。
孫二人、ずいぶん大きくなりました。
こちらは我が家にいる孫
b0025101_13472091.jpg

こちらは東京にいる孫、7月に入ったら長崎です。
母親の仕事復帰で保育園に行く事に。
b0025101_13472288.jpg

今日は、菊鹿温泉に来てます、温泉旅館花富亭です。
年に一度の婦人会の旅行。
カラオケで盛り上がってます。
b0025101_13472347.jpg

カラオケがとても上手いAさん、彼女の歌を聴くのが楽しみです。
b0025101_13472544.jpg

この旅館、7人から送迎して頂けるのです。
帰り、一人の会員さんが携帯忘れてきた・・・で、引き返し
今度はどなたか日傘を忘れてますよ・・・と、連絡が。
なんと!それは私(>_<)でした、用心用心!
[PR]
by pote.myan | 2013-05-22 13:46 |TOPに戻る
梅雨前の雨ふり?
b0025101_23471155.gif

こちらは雨は少量降って・・・。
b0025101_235436100.gif

もう、あけぼのつつじは季節はずれになりつつありますね。
季節は巡ってます。
b0025101_2347534.gif

雨って斜めにも降りますねえ。
b0025101_23473047.gif

[PR]
by pote.myan | 2013-05-20 23:49 | JTrim |TOPに戻る
白岩山登山、5月17日
足を痛めて山から離れてる友人に山芍薬を見せてあげたくて
白岩山なら行けるかも・・・と、5人プラス1人で行ってきました。
プラス?はドタ参加の友人。
この日、曇りの予報が晴れ、新緑が綺麗で
涼しくて、とても良い山日和でした。
山芍薬もまだ見ごろで、これから咲き出しそうな花達も成長してて
同行の皆さん、とても喜んでくれました。
友人のKさん、なかなか調子が良くて・・・・
これなら水飲み頭まで行けそう・・・と、先まで行きました。
先の石楠花は終わってましたが、残ってるのもあった。
b0025101_0123181.jpg

ハイノキ
b0025101_0123531.jpg

向坂山が見えます。
b0025101_0135870.jpg

ミツバツツジのトンネルだったはずのこのコース
早い時期に来たかったですね。
b0025101_0143158.jpg

ユキザサ、今が見頃と咲いてます。
b0025101_015440.jpg

山芍薬、綺麗なのもありました。
b0025101_0165148.jpg

キヌタソウ
b0025101_0171378.jpg

ルイヨウボタン
b0025101_0153036.jpg

b0025101_0155697.jpg

b0025101_1314520.jpg
b0025101_1322071.jpg
b0025101_1331158.jpg
b0025101_133348.jpg
b0025101_13452.jpg
b0025101_1344158.jpg
b0025101_135615.jpg
b0025101_1353742.jpg
b0025101_136163.jpg
b0025101_1362112.jpg

ウワズミザクラ
b0025101_1364051.jpg

帰りの民家に咲いていたジャケツイバラ
b0025101_1365727.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-20 00:18 | 登山 |TOPに戻る
稲積山~天主山へのⅡ
天主への分岐からはさほどのアップダウンはなくて
ドリーネの綺麗さ、トリカブトの畑、山芍薬の群生などが続き
ワクワクして歩けました。
b0025101_9132371.jpg
b0025101_1443618.jpg
b0025101_146041.jpg
b0025101_1462661.jpg
b0025101_1464949.jpg
b0025101_1474780.jpg
b0025101_148896.jpg
b0025101_1485396.jpg
b0025101_1492491.jpg

このピンクはインパクトがありましたねえ・・綺麗!
b0025101_1410210.jpg

途中から見えた椎矢峠です。(へこんだ所)
b0025101_14102558.jpg

山芍薬、終わった所や蕾の所、見ごろの所と・・・いろいろでした。
b0025101_14105468.jpg

b0025101_14112433.jpg

天主山の頂上
b0025101_14120100.jpg

黄色の山芍薬、結構ありますね。
b0025101_14122742.jpg

石灰岩の山ならではのドリーネです。
雨の後なら緑も綺麗でしょうが、少々綺麗じゃない。
b0025101_14125491.jpg

山芍薬とトリカブトの群生が続きます、まるで畑です。
b0025101_1413148.jpg

ピンクの山芍薬
b0025101_14133625.jpg

切剥方面への分岐で、はぐれた男性を待っておられる男性二人。
椎矢峠から登って来られたとか、崩落した林道は車で通れたんですね。
4時まで待って下りて来ないなら、車に戻るとか。
私達も気になりながら歩いていると、行きはなかった
足元の名前?と矢印が所々に土に書いてありました。
どうやら、車に戻る意味らしい、良かったよかった~~と、安心しました。
b0025101_14143059.jpg

帰りは稲積山には登らず、林道をひたすら歩きました。
稲積の右側へ回り込みます。
b0025101_14145654.jpg

林道の崩落は酷いもんです、打ち捨てられた林道でした。
b0025101_14154015.jpg

登山口まで戻りました、ここから車まで数十分歩きます。
b0025101_1416365.jpg

咲いていた花、天主はまさに花の宝庫です。
b0025101_144193.jpg
b0025101_1451250.jpg
b0025101_145199.jpg
b0025101_145574.jpg
b0025101_1455630.jpg
b0025101_1462980.jpg
b0025101_146473.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-19 09:33 | 登山 |TOPに戻る
稲積山~天主山へ
15日、天主山の山芍薬を見に行きました。
朝5時集合して緑仙峡を目指しました。
湯鶴葉登山口はキャンプ場を過ぎ、林道の舗装が終わり
荒れた林道を数十分歩いた所にありました。
ここには駐車場があったそうですが、今は途中の崩落や
道路が荒れてるので、歩いてしか入れないようです。
コース、登山口~石割けやき~稲積山~久保の息~切剥~天主山
往路引き換えし~稲積山は登らず、林道をひたすら歩いて車まで。

休憩、お昼、写真タイムなどを入れておよそ!10時間近くかかりました。
b0025101_22583145.jpg

舗装道路が切れたら荒れた林道になり、赤松林が続きました。
邪魔にならない所に駐車です。
b0025101_111757.jpg

通行止めのプレートがあるはず、道路が崩落してます。
落ちたら骨折では済まないほど、ずっと下まで崩落。
b0025101_121220.jpg

以前は登山口手前に駐車出来たとか、広い場所です。
b0025101_121712.jpg

歩き始めて15分ほどで石割けやきに着きました。
b0025101_13259.jpg

本来は尾根の中腹を歩くらしいが、尾根まで上がり先で合流。
b0025101_143534.jpg

一旦、林道に下り、ここから暫く歩き、急坂になりました。
木の枝、根っこなどにつかまり、ミツバツツジを眺めながら
登ると頂上でした。
b0025101_161056.jpg

b0025101_182662.jpg

下りは違うルートを下り、林道に出ます。
また、ここから登り始めます。
b0025101_19491.jpg

沢には水が少なくにじむ程、ここに蛙の低い声が!
b0025101_112828.jpg

久保の憩、ここは分岐になっていて、遠見山へも行けるらしい。
b0025101_1133234.jpg

ここからひたすら林道を歩きました。
ここの長い長い林道歩き、疲れるけど・・・・嬉しい私
尾根のアップダウンをしなくて良いと思うと、ほっと!です。
b0025101_1153228.jpg

久保の息まで来ました。
b0025101_1185123.jpg

また崩落個所や長い長い林道歩き。
b0025101_1325196.jpg

やっと、切剥まで来ました。
天主への分岐で、そのまま進んだら三方山や椎矢峠とか。
感動しました。
b0025101_134780.jpg

これから行く、天主山が見えてます、先はまだまだ。
b0025101_137311.jpg

シジュウカラが何羽もいましたが、なかなか撮れない。
b0025101_138351.jpg

画像が多くて・・・パートⅡへ続きます。



山芍薬のピンクが6輪くらい咲いてました。
b0025101_22375582.jpg
b0025101_22381825.jpg
b0025101_22383947.jpg
b0025101_2239397.jpg
b0025101_22392178.jpg
b0025101_22395853.jpg
b0025101_22402385.jpg
b0025101_22404337.jpg
b0025101_22405877.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-16 22:54 | 登山 |TOPに戻る
阿蘇杵島~往生岳の周回
昨日も快晴で暑い一日でした。
杵島、往生ともに木が植わってないので
暑さの覚悟がいりますね。
でも、まだまだ風は涼しくて気持ちが良かったです。
風がない所では汗で顔はざらざらになりましたが・・・。

杵島岳です、東側から見たら、まるで~違う表情です。
b0025101_227297.jpg

ミヤマキリシマが咲きだしてます。
b0025101_228893.jpg
b0025101_2281855.jpg
b0025101_2285860.jpg

マイズルソウ
b0025101_229258.jpg

往生岳への登りの途中から見た杵島岳
b0025101_2294382.jpg

阿蘇平野の田んぼが綺麗!
b0025101_2295063.jpg

米塚と奥は鞍岳。
b0025101_22102154.jpg

杵島岳にはこんな噴火口跡があります。奥は烏帽子
b0025101_23385750.jpg

b0025101_22111676.jpg
b0025101_22111435.jpg

イワカガミ、既にこんなに咲いてます。
b0025101_22115320.jpg
b0025101_2212091.jpg
b0025101_22124041.jpg

往生岳の頂上は一番先ですが、手前のピークが高そうです。
真ん中には同じく噴火口の跡があります。
b0025101_2212562.jpg
b0025101_22133783.jpg

烏帽子岳と草千里
b0025101_22134337.jpg

杵島岳の頂上
b0025101_22141195.jpg
b0025101_22141523.jpg
b0025101_22144277.jpg
b0025101_22144396.jpg

[PR]
by pote.myan | 2013-05-14 22:18 | 登山 |TOPに戻る