このブログは互換表示でご覧下さるようお願いします!
<   2011年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
|TOPに戻る
慌しい年末です。
今年も明日で終わりますが~~
自分にとって、忙しいながらも充実の一年だった気がします。
自由に動けるのが一番の幸せだとつくづく思えた一年でした。

年末になって、気になっていた三女もどうやら安心させてくれそうだし
主人の長姉の古希のお祝いを、今夜開くことも出来ました。
b0025101_2344475.jpg


先日施設で転倒して肋骨6本も骨折し、肺に水がたまり
入院中の姑さんも気になるのですが、すこしずつ治ってはいるようです。
まだまだ頑張らないといけない私です。

来たる年、私のまわりみんなが元気で幸せに過ごせるよう祈るばかりです。
きっと!いい年が来ますよね。003.gif
[PR]
by pote.myan | 2011-12-30 23:56 | 日常 |TOPに戻る
難所ヶ滝と宝満山
今年最後の休み、もちろん山登りをするつもりでした。
まだ山に行くのか?なんて連れ合いさんは言いません。
彼もゴルフでしたから~~001.gif
大掃除も何にも出来てないのですが、何もしなくとも新年はやって来ますから
良しとしましょう。

難所ヶ滝は山仲間の情報で見知っていましたが、想像の滝でした。
今回、お誘いいただき、嬉々として行ってきました。
鳥栖インターで下りて、基山サービスエリアでマッスルさんと合流。
今回も案内して頂き、感謝感謝!でした。
コース:昭和の森~小つらら~難所ヶ滝~仏頂山~宝満山~キャンプ場~
うさぎ道~昭和の森
低山とは言え、岩場からにじみ出た水が凍るほどですから
寒かったですねえ。
b0025101_23531969.jpg

b0025101_22451698.jpg

難所というだけあって、難所なんです。
アイゼンや登山靴がない時代、どうやって辿り着いたのかしら。
b0025101_22455758.jpg
b0025101_22462355.jpg
b0025101_22472057.jpg

b0025101_22524261.jpg

水が凍って・・・足元がツルツル、一歩一歩、おっかなびっくりで歩きました。
b0025101_22531578.jpg

b0025101_1932140.jpg

b0025101_22535170.jpg

この大岩、鎖を伝って登るのは無理・・・と、回り込む事に!
b0025101_22541832.jpg

宝満山頂上のお社です。ここに来たのは2回目でした。
b0025101_22545245.jpg

福岡市内が綺麗に見えました。
b0025101_22551920.jpg

キャンプ場でのお昼タイム、日がさすとポカポカですが、欠けたら寒いのなんのって~007.gif
休日とあって、小屋の中は満杯!、テラスも開きはなく
その横のテーブルでお昼タイム。
いつも宝満山のキャンプ場のお話を聞くにつけ
想像の世界でしたが、今回知る事ができました。
b0025101_00883.jpg

[PR]
by pote.myan | 2011-12-26 23:57 | 登山 |TOPに戻る
画像編集
今年も、もう終わりますが・・・
日々追われるばかりで余裕のない私。
今年中にあと一回は山に行きたいものです。
b0025101_23325624.jpg

元画像をJtrimで加工しました。
b0025101_23331683.jpg

それをgimpで加工してます。
b0025101_23333066.jpg

[PR]
by pote.myan | 2011-12-23 23:35 | 画像いろいろ |TOPに戻る
寒くなりました。
昔、私が嫁いで来た当時、祖父母、両親と同居でした。
家は建って5年経ってたそうでしたが・・・
今回、取り壊す事になりました。
画像は忘備録として・・・残します。
今、住んでる家は長女が1年生の時、建てたので、この家はしばらく空家だったり
弟一家が住んだりでした。

二十歳過ぎだった私の連れ合いさんが図面をひいたそうでした。
いざ、取り壊すとなるとセンチになったようです。
b0025101_0495548.jpg
b0025101_0503538.jpg

壊すとなると、早いですねえ、重機が入らないので作業が大変そうですが・・・
数日後にはすっかり更地でしょう。
b0025101_0522637.jpg

整地されたら娘一家が新たに家を建てる事に。

週末は寒波がやって来るとか、またまた雪中を歩きたい衝動にかられますが・・
今年の休みはあと一日しかありません。
大掃除も正月準備もなにも~~あったものじゃないですねえ。

画像は久住山です、自動作成サイトで作成しました。
b0025101_124385.jpg

[PR]
by pote.myan | 2011-12-22 01:03 | 日常 |TOPに戻る
天山登山(1046m)
12月17日(土曜日)天山に登りました。
兼ねてよりお誘いあった佐賀、長崎方面の山の予定でしたが
あいにくの天候で、天山に決まったのでした。
前夜は忘年会で、チャンポンで飲んだお酒のせい?で
朝、起きたくないなあ~~でしたが、寝てる場合じゃない・・・と
お弁当とコーヒーも作り、準備OKで6時過ぎに出発。
今回はアイゼンも2個準備003.gifしました。

多久のインターチェンジで、初めてお会いするマッスルさんがお待ちでした。
天山は前回は桜の季節で・・・小城のお城跡の桜が綺麗だったですよ。
で、冬山は初めてでした。
b0025101_22364277.jpg
b0025101_2237567.jpg
b0025101_22373490.jpg
b0025101_2237548.jpg

頂上はあっというまでした。
b0025101_22382734.jpg

尾根を1・2キロ往復でした。
花の時期にまた来なくちゃですね。
b0025101_2239946.jpg
b0025101_22393080.jpg
b0025101_22394715.jpg

時間があるので、次に行った雨山は狭い頂上でした。
b0025101_2249242.jpg
b0025101_2249525.jpg

b0025101_225245.jpg

天山は海底が隆起したわけじゃなく、地球の内部のコアが地殻変動で噴出?して
固まり出来た山らしい。蛇紋岩で出来ていて、毒素があるので木が育たない山だと。
マッスルさんの講義です。
トリカブトやリンドウ、アキノキリンソウなどの枯れ花がいっぱいでした。
b0025101_22542686.jpg

下りてきて、振り向いたら・・・やはり!今回も晴れて頂上が見えてました~~
本当に天候には抗えませんねえ。
b0025101_2324549.jpg

b0025101_2252426.gif

[PR]
by pote.myan | 2011-12-18 22:44 | 登山 |TOPに戻る
日々の忙しさに追われつつ(=^・^=)
毎日追われるように忙しいばかりで・・・
余裕がないのだけど~~
ちょっとした事にも、嬉しくなるようなこころは持ってないとねえ。

先日から入荷したほうれん草を見て
なんか嬉しくなりました。ネーミングが楽しいです003.gif
b0025101_22473673.jpg

これを見た若いバイトさん、どういう意味ですか?・・と
何だ、私の年代しかわからない言葉なのかな?

それと牛乳の宅配で在庫がなかったらしく、牛乳箱にこれが入ってました。
b0025101_22523371.jpg

娘が林道の意味?
まさか!竜胆のことじゃないの・・と、私。
[PR]
by pote.myan | 2011-12-13 22:59 | 日常 |TOPに戻る
久住山に登りました。
冬らしい日々になり、次の休みは樹氷を見に行くぞ!と、決めてました。
とはいえ、山の連れがいないと朝起きが面倒で、いつもの仕事の日より遅く起きだしました。
弁当を作り、歩くのに飲みやすいようにと、少し温めに覚ましたお茶もサーモに用意。
コーヒーも飲めるよう、お湯も準備しました。

凍結が心配のミルクロードは無事通過。
次の三愛から牧ノ戸の道路も融雪剤がまいてあるのか、濡れてます・・・無事通過。
牧ノ戸駐車場は雪も残っていたけど、無事停めれました。
さすがに前回行った時より、車の少ない事が!

登山準備が出来て、アイゼンを忘れて来た事に・・今頃気がつきました。
勿体無いけど、売店で4つ爪アイゼンを買うことに、3200円の無駄使いでした。008.gif
サーモも忘れてきたみたい。
b0025101_2224448.jpg

b0025101_22324029.jpg

b0025101_22261014.jpg
b0025101_22264283.jpg
b0025101_22273599.jpg

ほとんど、ガスの世界で久住も姿を見せてくれません。
久住別れも、人はまばらです。
久住まで行く意欲がわかない中、ご一緒に行きましょう・・と、誘われ
行く事に。
雪で黄色のペンキは見えないけど、地面にはったロープを良く見たら
周りに歩いた足跡が沢山です。
これを辿れば、ガスの中でも迷う事がありません。
b0025101_22304939.jpg

b0025101_22334243.jpg
b0025101_2234390.jpg

頂上は時折、青空も見えて、感動でした003.gif
長崎の団体さん、どこかの忘年登山グループなど結構頂上は人が多かったのです。
日が当たる暖かな場所で弁当を食べ、熱いコーヒーを入れて飲みました。
b0025101_22343719.jpg
b0025101_22351126.jpg

b0025101_21441215.jpg

b0025101_2236382.jpg

せっかく来たから、御池を見ていこう・・と、ガスの中を中岳の方へ歩き出しました。
向こうから男性が一人歩いて来られました。
側まで近づかないと分からないのです。
御池もすっかり凍ってました。まだ歩けるほどではないようですが・・・。
天狗ヶ城の上の方でも人の声はしましたが、見えないのです。
b0025101_22371560.jpg
b0025101_2238414.jpg
b0025101_22383057.jpg
b0025101_22385047.jpg

帰り、運転をやめ後ろを振り向くと真っ白に輝く久住が見えてました。
下山して晴れるのはいつもの事で、自然には抗えませんねえ。
[PR]
by pote.myan | 2011-12-11 22:46 | 登山 |TOPに戻る
天主山(1494m)に登りました。
登山口:鴨猪川 ルート:R218→鮎の瀬大橋→鴨猪林道

天主山とはどんな山だろう・・・と、思うばかりでなかなか登る機会がなかったのですが
今回、やっと~~実現しました。
天主という名前からキリシタンを想像してましたが、やはりそうでした。
16世紀キリシタン城代が居をなし「ゼウスの山」として信仰したのが、この山の名前のいわれだとか。
山頂付近は石灰岩が露出したりして、貴重な植物の宝庫なのだそうです。
次はヤマシャクヤク・トリカブトの時期に訪れたいものです。
登山口からはいきなりロープを伝っての急登がはじまり
ここから天主の舞台まで真っ直ぐの登り一辺倒のコースでした。
b0025101_23534081.jpg
b0025101_23542249.jpg
b0025101_23551552.jpg

b0025101_554560.jpg
b0025101_563528.jpg

ロープが張ってある方向は、内大臣林道にある小松神社からのコース。
b0025101_57195.jpg

石灰岩が露出した山容になりました、頂上は近いです。
b0025101_572042.jpg
b0025101_575747.jpg

頂上から椎矢峠方面へ歩くと、石灰岩の山ならではの痩せ尾根のドリーネが続きます。
ここはヤマシャクヤクが素晴らしいらしい。
タンナトリカブトの枯れ花がいっぱいでした。
素晴らしい景色が続き、良いなあ・・・と、感動でした。
b0025101_583246.jpg

b0025101_5294745.jpg

山の窪んだ所が椎矢峠らしい・・・今は林道崩落で通行不能ですが・・・。
b0025101_530217.jpg

帰り小松神社コース側に見えた「一夜畑山」。
昔、小松神社のお祭り?の夜、お参りした男女が一夜の契りを結んだ山らしい。
b0025101_5323186.jpg

今の時期、葉が落ちて、見通しが良くて~~なかなか良い眺めでした。
枯葉に隠れた気の根っこに4回も滑ってしまいましたが・・・。
ロープが多くて、お陰で登り下りが助かりました。
[PR]
by pote.myan | 2011-12-07 06:38 | 登山 |TOPに戻る
穏やかな日々。
仕事後、畑を見回りました。
手抜きばかりの畑ですが、それなりに野菜が育ってます。
b0025101_21141448.jpg

長野で娘がお世話になってる上司のご夫婦から今年もりんごが届きました。
サンつがるですね。
みかんでも送ろうと思ってたら、先を越されました。
b0025101_21162430.jpg

先日、コンビニで買い物したら美容ドリンクが当たりました。
これを飲んだら~~綺麗になれるかな。ラッキー003.gif
b0025101_21231164.jpg

昨日は次女の誕生日でした。
一日遅れで今夜は婿さんのお母さん、妹さんも交えてお祝いでした。

孫も回復したし、日々穏やかに進んでいきます。
[PR]
by pote.myan | 2011-12-04 21:35 | 日常 |TOPに戻る
本日の平成サロン
桜さん講師で「ワードでカレンダーの玉を使ってカレンダー作成」でした。
これは2ヶ月ごとの玉を使ってますが
1ヶ月分も用意されてました。
好みでどちらでも~~。
画像は山などで撮った自分の画像です。

b0025101_2394388.jpgb0025101_23101831.jpg

b0025101_23111887.jpgb0025101_23113160.jpg
b0025101_23115791.jpg b0025101_23121385.jpg
[PR]
by pote.myan | 2011-12-03 23:16 | 日常 |TOPに戻る