このブログは互換表示でご覧下さるようお願いします!
<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
|TOPに戻る
Sarah Brightman - Ave Maria
Sarah Brightman のアベマリアです。



画像のカール、いろんなソフトがあるんですね。
これは子猫さんに紹介頂いたフリーソフトで作りました。
b0025101_0313497.jpg


万年山のスライド作りました。
万年山043.gif
[PR]
by pote.myan | 2008-09-28 23:50 | YouTube |TOPに戻る
万年山に登りました。
昨日の万年山ハネヤマ 、今の時期、避けれないやぶ漕ぎでした。
晴れの予報でしたが、山の天気は予想も付かない事で
頂上はガスに覆われてました。
途中でなんと!今まで出会った経験なしの『マムシ』に遭遇(^_^.)
もっとも、最後尾で近視の私、見えなかったのですが・・・。

滑る岩場と急登も結構ありましたが
無事!お花の乱舞の頂上に上がる事が出来ました。
出会った花、マツムシソウ・吾亦紅・フシグロセンノウ・アキノキリンソウ・ヤマラッキョ・ヤマハッカ・ヒキオコシ
サワヒヨドリ、ヨメナにミゾソバ・ミズヒキツリフネソウ・キツリフネなどなど・・・。

b0025101_7241136.jpgb0025101_7244948.jpg

  オオバショウマ         フシグロセンノウ             アケビ
b0025101_727553.jpgb0025101_7272871.jpgb0025101_7274952.jpg

 マツムシソウ         キバナアキギリ          キツリフネソウ
b0025101_7294295.jpgb0025101_73082.jpgb0025101_7303033.jpg


わらぶき屋根の民家がありました。
心引かれる原風景です。
b0025101_9223058.jpg

[PR]
by pote.myan | 2008-09-26 07:45 | 登山 |TOPに戻る
photoscapeのアニメ
サイトの見本を真似ましたが・・・
こんなに小さくて244KBもあります。
あんまりアニメはお勧めじゃないみたいですね。
でも簡単で楽しいソフトです。
画像は10枚使いました。

b0025101_2229545.gif


こちらはpicturetrailです。

b0025101_22554273.jpg

[PR]
by pote.myan | 2008-09-24 22:48 | 画像いろいろ |TOPに戻る
平尾台の花
平尾台は小倉南区の南部に位置し、標高400~600mの石灰岩でできたカルスト台地です。

草原の台地に数え切れないほどの石灰岩が立ち並び、雨が石灰岩を溶かしてできた窪(くぼ)地のドリーネや、地下の鍾乳洞などがあります。
白い石灰の石群はまるで!羊の群れのようです。
そんな平尾台の大平山(オオヘラヤマ)と貫山に・・・。
キキョウの情報に出かけて来ましたが、既に終わりかけてました。
b0025101_1171493.jpg

b0025101_1284982.jpg
キキョウですが、既に終わりかけてました。
b0025101_1144986.jpg


ここのサイヨウシャジンは大きいです。    ヒメヒゴタイもあちこちに・・。
b0025101_1305561.jpgb0025101_1315019.jpg

ナンバンギセル          ツルボの群生           キセワタ
b0025101_1364125.jpgb0025101_1371976.jpgb0025101_1374443.jpg
[PR]
by pote.myan | 2008-09-24 06:32 | 登山 |TOPに戻る
久しぶりに・・。
数年前、Kさんの紹介で知ったサラ・ブライトマン。
あれ以来、すっかり好きになり今では数枚のCDを持ってます。
この人のアベ・マリアを聞いて・・・他の歌手では満足出来なくなりました。
サラ・ブライトマンの『Anytime, Anywhere』です。




今日も昼間は暑かったですね。
そう言いながらも秋らしくなって行ってます。

庭の彼岸花にコバナセンナが咲きだしました。
b0025101_1443973.jpgb0025101_1454535.jpg
トケイソウもまだまだ咲きます。        ポテちゃんも元気です・・・。
b0025101_1471655.jpgb0025101_148425.jpg 
[PR]
by pote.myan | 2008-09-23 01:37 | YouTube |TOPに戻る
雨降りです。
今日はお彼岸参りにお寺に行こうかと予定してましたが
この雨では??ですね。
【藤崎宮秋の大祭】の随鋲行列も
この雨では可哀そうです。
街の賑あいはここまでは聞こえて来ませんが
どうなってるのでしょう。

昨日は夫の誕生日、娘たちがいるので。b0025101_11404460.gif
我が家の御祝いは欠かした事がありません。
夕べは、届いたいた花も飾り、ケーキに夫の好きな料理での
ささやかながら、家での御祝いでした。

b0025101_113835.jpg昔気質でモッコスでたまには怒りたくなるけど
片目で見て、許してやろう。
しっかり見たら向こうだってお互い様でしょ。
何たって、生活の基本がすべて委ねられてるのだから
孫達の為にも元気で長生きが一番です

b0025101_11354211.jpg

[PR]
by pote.myan | 2008-09-21 11:42 | 日常 |TOPに戻る
slide作りました。
台風はどうなってるのでしょう。
弱って熱帯低気圧になるを願ってますが・・・。
一昨日は地元の山の会で雨の予報で
原鶴温泉へ、せっかくの山の用意も無駄になりましたが
滅多にゆっくりお話も出来なかった方とも語らい出来
いい一日になりました。

朝倉の三連水車です、数年ぶりに行きましたが、道の駅も出来てビックリ!
b0025101_10272136.jpg


先日のスライド、忘れない為に作りました。
少し不具合ありますが、思うように出来なかったのです。

高千穂

 084.gif043.gif
[PR]
by pote.myan | 2008-09-18 10:34 | スライドショー |TOPに戻る
お宮参り・敬老の日
今朝は7時過ぎに孫を預かる事に。
娘が宮参り用に着付けに行き
私は5時に起きて赤飯を作り。

お宮の参拝客が多くてまとめてのお祓いや
写真館の人の多さに大変疲れましたが
無事、終わる事が出来、まあ、良しとしましょう。
まだ小さいベイビイ、大人に振り回され可哀そうな一日でした。
b0025101_23401277.jpg

ドレスは物持ちいい私が娘達に着せたのを取っておいたもの。
古ふるです。

そして今日は敬老の日。
夕方義姉と私達夫婦で施設にいる姑に会いに行きました。
義姉のプレンゼントはパジャマでした。
実の親子と言うものは、繋がりが濃いとつくづく思うのです。
目が悪く耳も聞こえづらい母親にウルウルしてます。
夫も胸に迫るのでしょう。
たまにしか会わない親だから、介護のきれい事では済まされない現実とかは
わからないもの。
夫も実際は手出しはしないのです。
嫁の私、嫁としての義務感が先出てると思う。
心の中からの同情や思いやり、果たしてどのくらいあるのか
自分のこころに問いかけてみるのです。
私がマリヤ様みたいじゃなくても許して欲しい。
b0025101_2356482.gif

いつも検索でお世話になってるgoogle、画像がとっても面白い。
[PR]
by pote.myan | 2008-09-16 00:02 | 日常 |TOPに戻る
高千穂峰の続き
今回登った高千穂河原から高千穂峰までの距離は2.3Km標高差は600mとか。
石の登山道と階段を登っていくと
やっと!山が見えてきました。
おう!簡単そう・・・と、思ったのは間違いでした。
b0025101_053863.jpg

こんなガレ場に入り込んだのです。
大変でした!一歩進んで2・3歩滑る?の感じ。
でも、横を身軽にサッサと登る人が結構いました。
b0025101_0532915.jpg

やっと、お鉢の尾根に登り上げました。
ここは鹿児島側になるらしい。
この風景に圧倒されました。
b0025101_122882.jpg

b0025101_16191.jpg

高千穂峰が見えて来ました。
b0025101_185215.jpg

下ったところにあった霧島神宮の別院?の跡。
さあ、ここからまた登り始めます。
b0025101_1154498.jpg

振り返るとお鉢が見えます。
左側の赤い崖のあたりで、今年の夏中学生が遭難したとか。
1mの視界しかないガスと雷に遭い、道に迷い入り込んだらしい。
無事、助かって本当に良かったのです。
b0025101_117881.jpg


先日の一の峰のスライドを作りました。
久しぶりだから、基本での作成です。
003.gif一ノ峰・二の峰
[PR]
by pote.myan | 2008-09-14 06:36 | 登山 |TOPに戻る
高千穂の峰
古事記、日本書紀にも出て来る天孫降臨の地、高千穂峰に登りました。
この山は、反対側の韓国頂上から何度も眺めて
なんと!素敵な形をしてるのだろう・・・どんな山なのかしら・・と
想像してました。b0025101_1494445.jpg

山頂には迩迩芸命(ニニギノミコト)が降臨に際して逆さに突きたてたという
鉾「天の逆鉾(あまのさかほこ)」が立てられてます。
途中は溶岩や、火山砂等からなり赤茶けた砂利だらけの地でした。
花はホソバノヤマハハコとイタドリしか会いませんでしたが
そのお鉢と何とも見事な山容には驚かされました。
ミヤマキリシマも春には見れそうです。

登山道路は石が敷き詰められ、石の階段も・・・。
山が見えてきました。
なんと!砂利でズルズル滑るガレ場が・・・。
踏み足を辿り登ると、まあ007.gifズルズル滑って降りて行きます。
まあ、やっとこさでお鉢に上がれました(/_;)
帰りはボランテイアの男性の歩き方の指導とお勧めのコースで
思ったより樂に降りれました。

お鉢です。結構深くて、落ちそうで怖かったのです。
b0025101_026020.jpg

いつもはこちらの山から眺める高千穂の峰ですが
今回は反対側から、初めて見れました。
中央が霧島中岳、奥が新燃岳、その奥が韓国と大浪の池など・・・。
b0025101_0265964.jpg

b0025101_0245039.jpg

b0025101_185715.jpgb0025101_1114169.jpg


b0025101_114468.jpgb0025101_1152522.jpgb0025101_1162849.jpg
[PR]
by pote.myan | 2008-09-13 00:32 | 登山 |TOPに戻る