<< 鳴子山、白口山ピストン 3月11日 仰烏帽子登山3回目、3月2日 >>
このブログは互換表示でご覧下さるようお願いします!
久しぶりの休み。
この頃の仕事、人が少ないし・・・やる事が多く煩雑な仕事に追われ
本当に疲れモードです。
まあ、物は考えようで・・この年で働けるだけでも良いか!ですが
それでも、疲れます。
もう少し、段取り良く、疲れないやり方を見つけ工夫しようかなあ。

久しぶりの家にいる休日になるはずでしたが
婿の人員集め・・の話しに・・・・
ついつい孫と婿に(娘は仕事で・・)ついていく事に。
でも、子供会館でのイベントは有意義な経験になりましたネエ。003.gif

福田病院の先生のお話、親子の体操、料理長さんの料理教室と試食
テレビタミンスタッフの会場参加の劇などお昼すぎまでの
イベントに参加しました。あ~あ疲れました
b0025101_2259562.jpg


まだまだ年の自覚がないのですが、確実に年は取ってるわけで
今日の新聞で気になる本を見つけました。
老いの才覚・・・曽野 綾子 (著)

年を重ねる心構えは?
まだまだ出来てもいない私ですが、もう考える段階に来てるはず。

●老年の仕事は孤独に耐えること
●老化度をはかる目安は「くれない指数」で、〇〇してくれない、というのは甘えにすぎないとか。
● 「日本は経済大国なのにどうして豊かさを感じられないのか」とよく言われるが、答えは簡単。貧しさを知らないから豊かさがわからない。
● 老人が健康に暮らす秘訣は、目的・目標・生きがいをもつこと。
● 人間はどんな状況も足場にしなければならない。どんなことにも意味を見出し、人生を面白がること。
● 老人には大きく分けて二つの生き方がある。得られなかったものや失ったものだけを数えて落ち込んでいる人と、幸いにももらったものを大切に数え上げている人。様々なものを失っていく晩年こそ、自分の得ているもので幸福を創り出す才覚が必要。
● 孤独と絶望は、勇気ある老人に対して「最後にもう一段階、立派な人間になりなさい」と言われるに等しい神からの贈り物。

3月7日
持病の調子がいまいちなので、掛かりつけで予防吸入(60回ぶん)と
寝る前の飲み薬2週間分をもらった。
薬価は8千円に釣りがきただけだけど、ま、これで調子よく生活できれば安いかな。
時々このまま治らないと・・どうしようと思うけど、登山は出来るし普通に生活出来るし
先の心配をしても楽しくもない・・と、言い聞かせている。
帰りにkasaさん宅により
桃のお菓子と抹茶をご馳走になりました。
2匹のワンちゃん、元気いっぱいで二人で飛びかかってきます。005.gif

携帯撮影して自分のPCにメール送信。
b0025101_0145299.jpg

[PR]
by pote.myan | 2011-03-06 23:22 | 日常 |TOPに戻る
<< 鳴子山、白口山ピストン 3月11日 仰烏帽子登山3回目、3月2日 >>